名古屋オペラ協会 目的
名古屋オペラ協会は、日本のオペラを主体とする音楽芸術の普及と向上をはかり、芸術文化の普及発展に寄与するとともに、青少年の音楽に対する理解を深め、豊かな情報を養うことを目的とする。

名古屋オペラ協会 創立15周年記念誌 
名古屋オペラ協会 会長 (故)横井 園生
私達がなすべきことは
日本人の愛・魂・道徳・克己など
これら生活のなかに息づいてきた伝統的な美質を
オペラを通して人々にアピールすることです。

あそび塾「ヘンゼルとグレーテル」稲沢市民会館大ホール

ANET(愛知芸術文化協会)のこどもあそび塾。今年は「ヘンゼルとグレーテル」です。
毎年、碧南市と稲沢市で公演の依頼があります。今年はコロナ感染のため碧南市は中止となりました。
稲沢市は会館スタッフの方の徹底した感染防止対策のおかげで実現することができました。
子供たちの参加は昨年の半分の23人。子どもたちの表情はマスクで分かりにくいところもありましたが、一生懸命演技するその姿を見て嬉しく思いました。
本番は「歌えるフェイスシールド」で、出演する私たちも感染対策をして子供たちと一緒に歌い・踊りました。

                                              出演者より